1. TOP
  2. レシピ
  3. 【ケンミンショー】野菜祭りBEST10!田舎寿司・鶏ちゃん・レンコンの蒲焼の作り方

【ケンミンショー】野菜祭りBEST10!田舎寿司・鶏ちゃん・レンコンの蒲焼の作り方

 2019/08/30 レシピ この記事は約 16 分で読めます。 486 Views
野菜祭り

今回の秘密のケンミンショー(2019年8月29日放送)は激ウマ!激安!激ヘルシー!
冷蔵庫であまりがちな野菜を一掃する全国野菜祭りTOP10として、人気県民グルメの作り方が紹介されました!

スポンサードリンク

【10位】冷や汁レシピ(宮崎県)すり鉢不要

宮崎県民熱愛の冷や汁の作り方です!

冷や汁の材料

材料
アルミホイル
合わせ味噌(100g)
いりこ(40g)
白すりごま(20g)
かつおダシ(700cc)
木綿豆腐(1丁)
きゅうり(1本)
ミョウガ(1個)
大葉(3枚)

冷や汁の作り方

1)アルミホイルを用意します。
2)合わせ味噌をアルミホイルの上に平たく伸ばします。
3)オーブントースターで合わせ味噌を焼きます。

表面に焦げ目をつけます。
4)いりこ(頭を取ったもの)をフードプロセッサーで細かくし、ボウルに投入します。
5)白すりごまとオーブントースターで焼いた味噌を加えます。
6)冷蔵庫で冷やしておいたかつおダシを入れたらよく混ぜ合わせます。
7)木綿豆腐を手でちぎって加えます。
8)5ミリ幅に輪切りにしたきゅうり、刻んだミョウガ、大葉をちらします。
9)仕上げに氷を加えたら完成です!

ご飯に豪快にぶっかけてさらさらっといただけます!
宮崎県民は飲んでも冷や汁でしめれば二日酔いにならないそうです。

【9位】だしのレシピ(山形県)

山形県民はみじん切りの夏野菜がてんこ盛りの「だし」が大好き?
と紹介されたのはそのまんま「だし」
ということで、「だし」の作り方、行ってみましょう!

だしの材料

材料
きゅうり(2本)
なす(1本)
大葉(5枚)
ミョウガ(2個)
ダシ醤油またはめんつゆ(100cc)

だしの作り方

1)きゅうりを細かくみじん切りにします。

食感をなくさないように、やや大きめに刻むのがポイント
2)なすをまず縦に切った後、きゅうり同様にみじん切りにしていきます。
3)なすはアクがあるので2〜3分、水にさらしてアクを抜きます。
4)大葉とミョウガをひたすらみじん切りにします。
5)全ての材料をボウルでざっくりと混ぜ合わせます。
6)ダシ醤油かめんつゆをお好みの濃さにしてボウルに加えます。
野菜から水分が出てくるので少し濃い目がベターです。
7)しっかりとダシと材料を混ぜ合わせたら超簡単な「だし」の完成です!

残った野菜が一気に片付く上に食欲が倍増する一品です!
・おすすめのぶっかけ飯レシピ

【8位】ナスそうめんのレシピ(石川県)

ナスそうめんとはそうめんの上にナスの煮浸しを乗せた料理で、
石川県では「おかず」というポジションなんだそう。

ナスそうめんの材料

材料
ナス(4本)
めんつゆ(3倍濃縮タイプ:200cc)
水(1リットル)
そうめん(4束)

ナスそうめんの作り方

1)ヘタを切ったナスを縦に半分にカットしたら、表面に5ミリほどの切り込みを入れます。

切り込みを入れることでダシが染み込みやすくなります
2)切り込みを入れたナスをボウルに入れた水に5分ほどさらしてアクを抜きます。
3)鍋にめんつゆと水を加えてだし汁を作ります。
4)鍋に水にさらしておいたナスを投入します。
5)火加減を弱めながら15分ほど煮込みます。
6)そうめんの束を豪快に半分に折ってそのまま鍋に入れます。
7)水分がなくなるまでひたすら煮詰めていけば完成です!

ナスはもちろんですが、この夏余ったそうめんも使い切れちゃいますね!
麺の中まで味が染み込んでいるので、ズルッといただくだけでも
ジュワーっとナスが味わえる一品です。
・おすすめのそうめんレシピはこちら

【7位】肉無しシューマイのレシピ(栃木県)

足利県に住む栃木県民は玉ねぎと片栗粉だけの肉なしシューマイが大好き?と紹介されたのはその名も「肉無しシューマイ」

肉無しシューマイとは片栗粉と玉ねぎだけのシューマイ。

くん助
シューマイといえば肉ですが、
栃木県では肉のないシューマイがあるんですね。

肉無しシューマイの材料

材料
玉ねぎ(250g)
ごま油(大さじ1と2分の1)
片栗粉(60g)
コショウ(少々)
塩(少々)
水(適量)
シューマイの皮(市販のものでOK)
中濃ソース

肉無しシューマイの作り方

1)まずは玉ねぎをみじん切りにしていきます。

蒸しても食感が残るように少し大きめにカットするのがポイントです。
2)玉ねぎのみじん切りをボウルに入れたらごま油を回しかけて片栗粉をたっぷり入れます。
3)塩コショウで味付けします。
4)適量の水を加えて全体を混ぜ合わせたら「あん」の完成。
5)シューマイの皮に適量の「あん」を包みます。
6)フライパンで5を20分ほど蒸します。
7)中濃ソースをたっぷりかけたら完成です1

中濃ソースがポイントになるっぽいですね。
ソースをかけて食べればソースの甘みがまして美味しいそうですが、
栃木県民にとってシューマイとは「具なし」?
とにかく激安でお手軽です!

【6位】みそポテトのレシピ(埼玉県)

秩父地方に住む埼玉県民は甘いみそポテトが大好き?と紹介されたみそポテトとは揚げたてのホクホク感がたまならいみそとポテトのコラボレーション。

みそポテトの材料

材料
合わせ味噌(250g)
砂糖(190g)
みりん(100cc)
じゃがいも(500g)
天ぷら粉(200g)
水(300cc)

みそポテトの作り方

1)鍋に合わせ味噌を入れたら味噌を隠すようにして砂糖を投入します。
2)みりんを加えたら中火で焦げ付かないようにして混ぜ合わせながら加熱します。

ほどよいとろみが出来てきたら味噌だれは完成です。
3)じゃがいもを皮付きのまま10分間茹でます。
4)茹で上がったじゃがいもの皮をむいて食べやすい大きさにカットします。
中玉サイズなら8等分くらいが目安になります。
5)ボウルに天ぷら粉と水を混ぜて生地を作ります。
6)5に4のじゃがいもを投入してまんべんなく混ぜ合わせます。
7)180度に熱した油で2分ほど揚げます。
8)揚がったじゃがいもに2の味噌だれをたっぷりかければ完成です!

おやつにもおつまみにももってこいの、
カリッと揚がった衣とみそとポテトの相性が抜群の県民グルメ。

【5位】ガネのレシピ(鹿児島県)

鹿児島といえばサツマイモが有名ですが、
そのサツマイモの天ぷら「ガネ」が大好きだそうです。

サツマイモの天ぷらといえば輪切りが一般的ですが、
ガネはポテトフライが組み合わさったような形。

砂糖が入っているので何もつけずにそのまま食べられるそう!

ガネの材料

材料
サツマイモ(350g)
ホットケーキミックス(100g)
砂糖(50g)
卵(1個)
塩(少々)
水(適量)

ガネの作り方

1)サツマイモの皮をピーラーで粗めにむいたら1cm幅にスライスして短冊切りにしていきます。
2)ボウルに入れた水にサツマイモをさらしてアクを抜きます・
3)ホットケーキミックスをボウルに入れて砂糖を少し加えます。

ホットケーキミックス自体に砂糖が入っているので後から加える砂糖は少なめで。
4)卵と塩を加えて水を適量入れてかき混ぜながら加えています。
ホットケーキよりちょっと固めになるのが理想。
水を入れすぎてしまうとサラサラになりすぎてしまうので注意
5)4で作った生地に水にさらしておいたサツマイモを投入してしっかりと混ぜ合わせます。
6)平たいヘラなどで大体の形を成形してから油で揚げていきます。
7)こんがりきつね色になったら完成です!

絶妙な甘さがおかずにもおつまみにもぴったり♪

【4位】漬け物ステーキのレシピ(岐阜県)

岐阜県北部(飛騨高山地方)に住む県民は白菜の漬物をステーキ皿で焼いた漬物ステーキが大好き?

漬け物ステーキとは焼いた漬物を卵でとじた県民グルメ。

くん助
漬物はちょっと酸っぱく、甘みでふんわり包まれた卵でご飯が進むそう!

漬け物ステーキの材料

くん助
ステーキ皿の代わりにフライパンを使います
材料
バター(大さじ1)
白菜漬物(400g)
醤油(小さじ2)
卵(2個)
水(小さじ1)
鰹節(適量)

漬け物ステーキの作り方

1)熱したフライパンにバターを入れて、食べやすい形に切った白菜漬を投入し、中火で炒めます。

バターで炒めることによって白菜の塩分と合わさってコクのある味わいになります。
2)醤油を回し入れてさらに軽く炒めます。
3)ボウルに入れた卵にはあらかじめ小さじ1杯ほどの水を加えてかき混ぜます。
あらかじめ水を入れておくと焼き上がりがふんわり♪
4)3の溶き卵を2にまわしかけたら固まりすぎないように火加減に注意しながら加熱していきます。
5)最後に鰹節を散らせば完成です!

漬物と卵の合わせ技にお箸が止まらない一品です!

【3位】レンコンの蒲焼のレシピ(愛知県)

愛西市に住む愛知県民はレンコンの蒲焼が大好き?

レンコンの蒲焼とはその名の通り、うなぎの蒲焼のようにしてレンコンを食べる県民グルメ。

味付けにうなぎの蒲焼のタレをつけるのでレンコンの味というよりうなぎになるそう!

レンコンの蒲焼の材料

材料
レンコン(300g)
卵黄(1個)
小麦粉(大さじ1)
焼き海苔
醤油(100cc)
みりん(65g)
砂糖(90g)

レンコンの蒲焼の作り方

1)まずはレンコンをすりおろして水気を切っておきます。

水気は切りすぎると口当たりがパサパサしてしまうので切りすぎないように
くん助
この辺りの加減は実際にやってみないとわからないですよね
2)水気を切ったレンコンをボウルに移したら卵黄と小麦粉を加えて粉っぽさがなくなるまで混ぜ合わせて生地を作ります。
3)生地ができたらうなぎの皮となる焼き海苔に乗せて竹串のようなものでうなぎのような溝を入れます。
この溝によって、より「うなぎ」っぽさを出します。
4)フライパンに入れた油に3を入れて揚げ焼きにします。
5)ひっくり返しながら揚げていき、きつね色になったらレンコン揚げは完成です。
6)フライパンに醤油、みりん、砂糖を入れて一煮立ちさせたら5のれんこん揚げにかけて完成!

パッと見は魚の蒲焼のように見えるんですが、
一口食べてみるとやっぱりレンコンなんですよね!
レンコンの味がしないので野菜が苦手なお子さんにもいいかも!?

【2位】鶏ちゃんのレシピ(岐阜県)

岐阜県民はキャベツたっぷりの鶏の焼肉「鶏ちゃん」が大好き?

くん助
これ「とりちゃん」じゃなくて「けいちゃん」って読むんですよ!

鶏ちゃんとは鶏肉とキャベツを醤油ベースのタレにつけて炒めて食べる県民グルメ。

鶏ちゃんの材料

材料
<タレチーム>
みそ(70g)
醤油(50cc)
ニンニク(2かけ)
本みりん(50cc)
日本酒(50cc)
桃の缶詰の汁(50cc)
一味唐辛子(少々)

鳥もも肉(400g)
キャベツ(400g)

鶏ちゃんの作り方

1)ボウルに味噌を入れて醤油、おろしニンニク、本みりん、日本酒、さらに桃の缶詰の汁を加えます。

桃の缶詰の汁がさらに深〜い甘みの隠し味になります
2)お好みで一味唐辛子を投入したらよく混ぜ合わせたらタレの完成です。
3)皮付きの鳥もも肉を食べやすい大きさにカットします。
4)キャベツを大きめにざっくりカットします。
キャベツは熱によって縮むので大きめにカットするのがポイント
5)切った鳥もも肉とキャベツをボウルに入れ、タレを全て投入しまて混ぜ合わせます。
6)油をひかずにフライパンへ5を入れます。
7)混ぜながら軽く炒めれば完成です!

冷蔵庫に残りがちなキャベツを大量に消費できる鶏ちゃん!
週末にいかがですか?
それにしても岐阜県の県民グルメは人気なお料理が多いですね!

【1位】田舎寿司のレシピ(高知県)

メインが野菜で魚介類が一切乗らない高知県民グルメとして紹介されたのは「田舎寿司」

くん助
酢飯にゆの酢を使うのがポイント★
たけのこ、ミョウガ、こんにゃく、リュウキュウなどメインが野菜なんです!

田舎寿司の材料

材料
ミョウガ(5個)
甘酢
干ししいたけ(10個)

米(2合)
ゆず果汁(100%のもの:30cc)
米酢(10cc)
砂糖(40g)
塩(小さじ1)
生姜(10g)
焼き鯖(または鯖缶2分の1)

戻し汁(200cc)
砂糖(大さじ3)
みりん(大さじ3)
醤油(大さじ3)

田舎寿司の作り方

1)ミョウガを甘酢に漬けます。
2)干ししいたけを水に浸します。

ミョウガ⇒甘酢
干ししいたけ⇒水
※これを冷蔵庫で前日から準備しておきます
3)炊きたての米をスタンバイしておきます。
4)ボウルにゆず果汁と米酢をブレンドしたら砂糖と塩を加えてかき混ぜます。
5)スタンバイしたお米に4をまわしかけてご飯をかき混ぜます。
6)生姜を入れます。
7)鯖缶を入れてよく混ぜ合わせたら酢飯の完成です。
焼き鯖は鯖缶で代用可能です。
8)2で一晩戻した干ししいたけを醤油と砂糖、みりんでじっくり煮詰めます。
9)酢飯を一貫サイズに握り、しいたけやミョウガを合わせて乗せれば完成です!

味が付いているので醤油がいらないですし、
そもそも野菜メインなのでヘルシーですよね。
ただし、酢飯の食べ過ぎには注意です!

まとめ

意外性しかない(?)県民グルメでしたが、しっかり家庭で作るためのレシピも紹介されていたので、毎週1個ずつ作ってみるというのもいいかもしれませんね!

スポンサードリンク

\ SNSでシェアしよう! /

バズディケイドの注目記事を受け取ろう

野菜祭り

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

バズディケイドの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

bd2019

この人が書いた記事  記事一覧

  • 【ノンストップ】フレッシュトマトのドライカレー焼そばの作り方【クラシルレシピ】

  • 【ヒルナンデス】むくみとりペットボトルマッサージを石井亜美さんが伝授!ふくらはぎの脚やせに

  • 【ヒルナンデス】セルフカット&前髪ヘアカット術をakaneさんが伝授

  • 【あさイチ】塩キャベツ・塩キャベツのちゃんちゃん焼き風・塩キャベツで!コールスローのレシピで作ってみました!

関連記事

  • 【あさイチ】黄色い完熟ゴーヤーのらっきょう酢炒めの作り方【沖縄レシピ】

  • 【業務スーパーのチーズフォンデュレシピ】業務田スー子さんがヒルナンデスで紹介!

  • 【きじまりゅうたの小腹すいてませんか】切り干し大根とトマトのトロトロ卵炒めの作り方

  • 【男子ごはん】イワシのチーズ焼きの作り方【ホットプレートレシピ】

  • 【ヒルナンデス】ツナ缶ダシの洋風おかず味噌汁の作り方【桃世真弓先生のレシピ】

  • 【プルドポークの作り方】あさイチで紹介されたレシピ