1. TOP
  2. レシピ
  3. 【きょうの料理】トマトとえびの夏カレーレシピ【栗原はるみ先生】

【きょうの料理】トマトとえびの夏カレーレシピ【栗原はるみ先生】

 2019/08/06 レシピ この記事は約 4 分で読めます。 172 Views
トマトとえびの夏カレー

料理研究家の栗原はるみ先生のお宅に伺って谷原章介さんと
旬の料理を使って季節まるごとお届けするという企画の1日目は
トマトとえびの夏カレー。
そしてデザートにパインとココナツミルクのアイスです!

スポンサードリンク

トマトとえびの夏カレーのレシピ

トマトの酸味と濃厚なえびの旨味を絶品のスパイスで仕上げた栗原はるみ先生イチオシのカレーです。

トマトとえびの夏カレーの材料

材料(4人分)
えび:12匹
トマト:5、6個

<みじん切りチーム>
玉ねぎ:1個
ニンニク:小さじ1
生姜:小さじ1

<スパイスチーム>
クミンシード:小さじ2
カレー粉:大さじ2
ガラムマサラ:小さじ1

白ワイン:カップ1/2
バジル:適量
ご飯:適量(男ならたっぷり行け!)
パクチー:お好みで
ナン:お好みで
福神漬け:お好みで

サラダ油
バター

コショウ
トマトケチャップ

トマトとえびの夏カレーの作り方

1)トマトは4〜6等分にカット。くし形にします。
2)玉ねぎはみじん切りにします。
3)えびのからと尾を取ったら、包丁で縦に切り込みを深く入れて背わたを取ります。

くん助
えびの背中に深く切れ込みを入れると小さいえびでも豪華に見えますよ!
4)フライパンにサラダ油とバターを入れたらみじん切りにしたニンニクと生姜を加えて炒めます。
5)火が通ってきたらみじん切りにした玉ねぎを加えます。
くん助
玉ねぎは余計な水分が飛ぶまでアメ色に10分間ほど炒めます
6)クミンシードを入れて香りを出します。
7)続いてガラムマサラ、最後にカレー粉を粉っぽさがなくなるまで炒めます。
くん助
カレー粉、ガラムマサラ、クミンシード
3種のスパイスで香り高くするのがポイント
8)炒めたら厚底鍋に移し、その上にカットしたトマトを乗せて、焦げ付かないように混ぜます。
9)白ワインを加えてアルコールが飛ぶまで煮立てます。
10)ここでパクチーの根をお好みで加えます。
くん助
パクチーって好き嫌い分かれますが、すごいアクセントになりますよね
11)バジルを適量加えます。
12)蓋をしてトマトが柔らかくなるまで弱火で8〜10分ほど煮込みます。
13)玉ねぎなどを炒めていたフライパンに油を引いてえびを炒めます。
14)ちょっとだけ塩コショウします。
15)炒めたえびをカレーに加えます。
16)最後にトマトケチャップと塩で味を整えます。

まとめ

やっぱ、カレーといえばスパイス!
3週類のスパイスが決め手なんですね。

栗原はるみ先生の息子さん、栗原心平先生の男子ごはんについてはこちら。

スポンサードリンク

\ SNSでシェアしよう! /

バズディケイドの注目記事を受け取ろう

トマトとえびの夏カレー

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

バズディケイドの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

bd2019

この人が書いた記事  記事一覧

  • 【あさイチ】かにあんかけチャーハンのレシピで実際に作ってみました!

  • 【あさイチ】菜の花と豚しゃぶのおかかあえのレシピで作ってみました!

  • 【あさイチレシピ】あなごのれんこん蒸し&炒めなますを作ってみました!

  • 【あさイチ】みそだれ串おでんのレシピで作ってみました!

関連記事

  • 【きじまりゅうたの小腹すいてませんか】切り干し大根とトマトのトロトロ卵炒めの作り方

  • 納豆トンカツ【男子ごはんの茨城県ご当地ごはんレシピ!】

  • 【バゲット】シイタケの一口ピザの作り方【椎茸レシピ】

  • 【男子ごはん】夏の梅肉チキンカレーとナスの梅肉スープレシピ!

  • 【あさチャン】サクサクしょうゆ!サクサクしょうゆアーモンドは人気万能調味料

  • 【ヒルナンデス】高野豆腐ドライカレー!ダイエット置き換えレシピ